大家さんへ

空室率0のカギは
トレンドを押さえたリノベーション

悪循環に陥らないために物件の魅力を高めるリノベーションという投資

悪循環に陥らないために
物件の魅力を高めるリノベーションという投資

賃貸経営の難しさの1つに物件の経年劣化をどのように抑えつつ、空室率を下げるかという問題があります。アパートやマンション、戸建てと物件を問わず、購入時は新築やそれに近い状態でも、年数が経つにつれて建物が老朽化して借主が離れ、空室が増え、家賃収入が入らないのに固定資産税だけは払い続けなければならないという事態に陥ってしまいます。空室の多い不動産は防犯の面からも新たな入居者が入りたがらず、人が住まなくなった部屋は傷みが進むため、さらに入居者から敬遠されるという悪循環になります。トレンドをつかんだリノベーションで物件の価値を高め、誰もが「住みたい!」と思うような魅力的な物件にすることが大切です。

アパート・マンションのリノベーション

年齢や性別などターゲットをしぼったリノベーションで、
入居者が「住みたい!」と思う物件に生まれ変わらせることができます。

  • 施工例

    写真のコメントが入ります

  • 施工例

    写真のコメントが入ります

  • 施工例

    写真のコメントが入ります

リノベーションで現状打破へ

アパート・マンションのリノベーションは現状打破に向けた1つの有効な方法です。
問題点を洗い出し、リノベーション後をシュミレーションしてみましょう。

現状

  • 空室率の上昇で家賃収入は減少
  • 家賃設定を低くせざるを得ない
  • 老朽化が進み維持管理費が増大

リノベーション後

  • 空室率の不安を解消
  • 家賃収入の安定的な確保
  • 管理コストの負担軽減

リノベーションの流れ

リノベーションの流れ

不動産経営は競争の激しい世界です。どれだけ駅から近く通勤や通学に便利な物件でも、時代に合わない昔ながらの造りでは入居者は離れて行ってしまいます。古い物件でも思い切った改装を行うことで建物の補強と同時に賃貸としての付加価値が高まります。 昭和レトロなアパート経営の時代はもう終わり。リノベーションという投資を行うことで、家賃収入のUPが期待できます。アイテムでは物件の診断を行い、ご予算の範囲で物件の良さを最大限に引き出すリノベーションをご提案いたします。