リノベーションとは?

リノベーションの可能性が
中古住宅の付加価値を高める

これからの潮流、リノベーションに注目!

  • これからの潮流、リノベーションに注目!

    リノベーションとリフォームの違い

    近年よく耳にするようになった「リノベーション」という言葉。「リフォーム」とどう違うのでしょうか? 両者はどちらもすでにある建物に手を加え、改装や増改築を行うときに使われますが、リフォームが建物のメンテナンスの意味合いが強いのに対し、リノベーションは既存建築物の構造自体を変え、さらに建物の機能性を向上させるときなどによく使われます。そのため、リノベーションを行うことで中古住宅の付加価値を高めることができます。例えば、建物全体に断熱材や床暖房の設備を入れる、柱や梁を取り去って間取りを大きく変更する、キッチン自体の位置を変える、中庭を設ける——。このような比較的規模の大きな工事はリノベーションになります。

  • 環境にやさしい既存物件の活用

    環境にやさしい既存物件の活用

    今ある建物を壊して、新しい建物を建てる。日本では永らく、新築だけが価値ある不動産という考え方が主流を占めていました。しかし、環境問題が深刻化する中、中古物件の市場が環境保護の観点からも見直され始めています。 しかもリノベーションで自在なアレンジが可能になった今、購入者も中古物件だからと言って住宅へのこだわりを捨てる必要はなくなりました。資源は無限ではありません。既存物件の活用は環境にやさしい、意義ある選択なのです。

  • 発想の転換が住まいを変える

    発想の転換が住まいを変える

    発想の転換がリノベーションの可能性をさらに広げます。リノベーションでは、既存物件の個性を生かしつつもイメージを一新するような思い切った施工が可能なため、世界で唯一の独特な住まいを生み出すことができます。新築の注文住宅とも違う味わいはリノベーションならでは。それゆえ価値が高まることも多々あります。「中古でも」ではなく「中古だからこそ」できることを見つけ、それを実現ですることで、中古住宅の潜在力が引き出されます。

知っておきたいリノベーションのメリット

  • エリアをしぼった物件選びが容易

    エリアをしぼった物件選びが容易

    リノベーションのメリットでまず第1に挙るのは物件選びの際にエリアのしぼりこみが比較的容易にできるところでしょう。新築物件が郊外の新興住宅地などに集中しているのに対し、中古物件は通勤通学に至便な都市部に多いという特徴があります。しかも、物件自体の価格が同じエリアの新築に比べて安いので、資金計画が建てやすくなります。

  • デザインに徹底的にこだわれる

    デザインに徹底的にこだわれる

    リノベーションでは建物のイメージが変わるほどの大規模な工事が可能となるため、こだわりを詰め込んだデザイン性の高い仕上がりが追求できます。書斎の壁一面に天井まである造り付けの本棚を配したい、料理教室が開けるような大きめのアイランドキッチンを取り付けたい、リビングをどうしても吹き抜けにして天窓を付けたい——。長年温めていたその思い、リノベーションでかなえましょう。

  • 住宅の資産価値が増す

    住宅の資産価値が増す

    中古住宅の資産価値は立地条件や築年数、敷地面積、床面積などさまざまな角度から総合的に試算されます。しかしどれだけエリアや面積などの条件が良い物件でも、住宅の場合は一般的に建物が古いと資産価値は下がります。 しかし、リノベーションで耐震性を強化するなど建物の補修・補強を行うとともに、住居としてのスペックを高め、デザイン性のある魅力的な物件にしていくことで新築時以上の価値を持たせることも可能です。依頼主の住まいに対する情熱と施工側の高いリノベーション技術があれば、年数を経た住宅でも資産価値は増すのです。

中古マンションをリノベーション

中古マンションをリノベーション

中古マンションのリノベーションは物件選びが成功のカギになります。マンションはもともと耐震性に優れた丈夫な建物が多いのですが、部屋の構造が似たり寄ったりなため、購入を考えるときに少しでも新しい物件に目が行ってしまいます。 リノベーション後のイメージを明確にするとともに、購入前にできるだけたくさんの物件を見て目を鍛えておくことで、本当に必要な条件に沿って物件を選ぶことができるようになります。内装がどれだけすさんでいても、リノベーションで部屋は劇的に変われる。日ごろからそんなふうにイメージトレーニングしておくのも良い方法かもしれません。

中古マンションをリノベーションする利点とは?

中古マンションのリノベーションにはこんなメリットがあります。

01

高いカスタマイズ性

一般的にマンションは戸建てに比べると床面積が少ない分、カスタマイズもしやすいという利点があります。家族構成やライフスタイルによって間取りを大きく変更したり、インテリアにも統一感を持たせやすくなります。

02

コストを抑えた資金計画

中古マンションは条件の良いエリアの物件が新築に比べて比較的手ごろな価格で購入できるメリットがあります。また、まだ分譲の始まっていない新築と異なり、入居者に住み心地を直接聞いたり、ネットの口コミなどを見て情報を収拾することもできます。

03

環境保護にも一役

中古マンションの活用は環境保護にも一役買います。既存の中古物件を購入する動きが少しでも広がることで、資材のムダを防ぎ、地球にやさしい環境づくりに一歩近づけます。

04

資産価値が高まる

中古マンションもリノベーションを行うことで資産価値を高めることができます。オリジナリティーに富んだデザイン性のある物件にすることで付加価値が生まれ、購入時以上に価格が上がることも期待できます。

05

問題の早期発見につながる

リノベーションを行うことで部屋の不具合や問題を早めに発見し、早期に解決することができます。部屋の老朽化を遅らせ、快適性の維持につながります。

リノベーションに適したマンションを選ぶために

中古マンションを契約するときは以下の点に注意しましょう。

01

マンションの構造を理解しよう

鉄筋コンクリートのマンションの構造は壁と床で支える壁式構造と柱と梁が一体化したラーメン構造の2つに大別されます。リノベーションで大規模な間取り変更を行う場合、壁式構造では難しい場合もあります。購入後に後悔しないためにも、マンションの構造を大まかに理解しておくこと良いでしょう。

02

設備や修繕履歴も事前に確認

周辺環境を知っておくこともマンション選びでは欠かせないポイントの1つ。インターネットやケーブルテレビの設備、駐車場・駐輪場の有無などは事前確認を。また、毎月支払うことになる修繕積立金については、修繕履歴と今後の計画も確認が必要です。

03

マンション管理もチェック

外回りやエントランスがきれいに清掃されていなかったり、電燈が切れて昼間でも暗い印象を与えるようなマンションは管理がきちんとされていない可能性があります。避難階段や非常灯、エレベーターの状態などもチェックしておきましょう。

04

ローンは大丈夫? 資金計画について

新築マンションでは組める長期ローンが、中古マンションでは組めない場合があります。例えば、35年計画でリノベーション費用も含めたローンを考えていても、物件によってローン自体が組めないこともあるのです。時間を掛けて選んだ物件の購入が資金面で頓挫しないためにも、下調べは入念に行いましょう。